広告 工場勤務の仕事と悩み

半導体工場はやめとけ?メリットとデメリットを徹底解説

※内容に広告・プロモーションを含みます

半導体工場の実態を解説!
  • 解決できる悩み
  • 半導体工場は働きやすい?
  • 半導体工場のメリット・デメリットは?
  • 半導体工場に向いている人の特徴を知りたい
  • この記事の信頼性
X(旧:Twitter):しん(@kigyoka_mezase)

全国各地で建設ラッシュが続いている半導体工場。

ニュースなどで取り上げられ、多くの求人を目にする機会が増えたのではないでしょうか?

そんな半導体工場ですが、インターネットで「半導体 工場 やめとけ」と検索されていることも事実です。

この記事では、半導体工場は本当にやめた方が良いのか?、その実態と半導体工場の魅力の両方について解説します。

記事を最後まで読めば、自分が半導体工場に向いているのかわかりますので、ぜひ参考にしてください。

半導体の基本

まずは半導体の基礎について解説していきます。

  • 半導体とは?
  • 半導体工場の仕事内容

半導体とは?

半導体は私たちの身近な製品に使われている製品です。

  1. 自動車: 特に最新の車では、エンジン管理、安全システム、エンターテインメントシステムなどに使用。
  2. スマートフォン: 通信機能や処理能力を提供するための主要な部品。
  3. パーソナルコンピューター: CPUやメモリなど、コンピュータの中心的な機能を担う部品。
  4. テレビ: ディスプレイの制御や画像処理に使用。
  5. デジタルカメラ: 画像センサーや処理チップに使われています。
  6. 家庭用電化製品: 冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの制御システム。
  7. ゲームコンソール: グラフィックスやゲームの処理に必要なチップ。
  8. ソーラーパネル: 太陽光を電気エネルギーに変換する際に重要な役割を果たす。

私たの日常生活で使っている多くの製品に半導体技術は利用されており、現代社会において必要不可欠なものとなっています。

半導体工場の仕事内容

半導体工場の主な仕事内容は以下のとおりです。

  1. マシンオペレーター: クリーンルームで機械を操作して半導体を製造。
  2. 品質検査・検品: 製造された半導体の品質チェック。
  3. 運搬・出荷作業: 製品の運搬や出荷準備。
  4. 設備メンテナンス: 機械や装置の保守・修理。
  5. プロセスエンジニアリング: 製造プロセスの改善や管理。
  6. 研究開発: 新しい半導体技術の開発。

私は医療機器、電子部品実装、半導体の3つの工場に勤めた経験がありますが、プロセスエンジニアリングは他の製造業にはない部門でした。

【デメリット】半導体工場はやめとけと言われる5つの理由

半導体工場ははやめとけと言われる5つの理由は以下です。

  • クリーン服に慣れるまで辛い
  • 生産数のノルマがある
  • 単調な作業の繰り返し
  • 交代勤務がある
  • 拘束時間が長い

クリーン服に慣れるまで辛い

半導体工場はやめとけと言われる理由の一つは、クリーン服に慣れるまで辛いことです。

半導体工場の現場では、クリーンルームになっています。

目に見えないホコリやゴミが製品につかないように、クリーン服を着ての作業が必須です。

クリーン服は密閉性が高く、汗や熱がこもり、はじめて着る人は作業中にストレスを感じやすくなります。

数回着ればすぐに慣れるので、慣れるまでは我慢が必要です。

生産数のノルマがある

生産数のノルマがあることは、半導体工場はやめとけと言われる理由の一つです。

半導体は世界中で需要が高く、多くの工場では高い生産効率と出荷目標が設定されています。

製品に不具合が見つかったり、設備トラブルが起こったりしたときは、残業や休出対応が必要です。

これは半導体業界に限った話ではなく、他の製造業でも同じことが言えますよね。

単調な作業の繰り返し

半導体工場はやめとけと言われる理由の一つは、単調な作業の繰り返しになることです。

製品となる半導体は数ミリ角の大きさですが、加工段階では直径20㎝〜30㎝ほどのウエハと呼ばれる円盤のようなものに加工していきます。

部分を組み立てる作業ではなく、ほとんど機械が加工してくれるので、作業者は機械操作がメインです。

一方で、装置をメンテナスしたり、修理したりする保全という部署は、自分の手で部品交換を行います。

「実際に手を動かしたい」「機械を触りたい」と思う人は、保全の部署を選ぶのも選択肢の一つです。

交代勤務がある

交代勤務があることば、半導体工場はやめとけと言われる理由の一つです。

特に夜勤では、夕方から朝方にかけて出勤するので、生活リズムが崩れる可能性があります。

事例

夜勤のメリットとしては、昼間に好きなことができるの、あえて夜勤を希望する方もいるの、自分の生活リズムに合わせましょう。

拘束時間が長い

半導体工場はやめとけと言われる理由の一つは、部署によっては拘束時間が長いことです。

労働時間は、8時間から10時間勤務なので、ワークライフバランスに悪影響を及ぼす可能性があります。

しかし、交代勤務がされることが多い半導体工場では、残業時間も含んだ労働時間となっているケースがほとんどです。

プライベート時間が少なくなる傾向にありますが、決まった時間だけ働けば良いので、スケジュールの立てやすいメリットがありますよ。

【メリット】半導体工場で働く5つの魅力

半導体工場で働く5つの魅力は以下の通りです。

  • 空調が効いている環境で働ける
  • 慣れれば作業が楽になる
  • スキルなしでも働ける
  • 月の半分が休みになる
  • 年収が高い

空調が効いている環境で働ける

半導体工場で働く魅力の一つは、空調が聞いている環境で働けることです。

半導体工場は高度に制御された環境を必要とするため、空調が整備されています。

夏場の暑い日や、冬場の寒い日に関係なく、一年を通して快適です。

工場は3Kのイメージを持たれている方が多いですが、ゴミやホコリを嫌う半導体工場では、真逆の環境に驚くでしょう。

慣れれば作業が楽になる

慣れれは作業が楽になることは、半導体工場で働く魅力の一つです。

半導体工場では、繰り返しの作業による習熟度が生産性を大きく左右します。

経験を積んだ従業員からは、初期の苦労を乗り越え、作業が効率的かつ容易になりやすいです。

はじめての作業は難しく感じるかもしれませんが、習熟することで作業効率が向上し、より楽になります。

スキルなしでも働ける

半導体工場の魅力の一つは、特別なスキルや経験がなくても働けることです。

多くの半導体工場では、新入社員に対して実務を通じたトレーニングや研修を提供しており、作業者は仕事を覚えながらスキルを習得できます。

例えば、

  • 上長が付きっきりで作業できる場合はレベル0
  • 1人で手順書を見ながら作業できる場合はレベル1

など、教育計画に沿ってスキルを得られます。

安心して働ける環境が整備されているので、少しでも半導体工場に興味があれば、挑戦してみましょう。

月の半分が休みになる

シフト制や交代制勤務のおかげで、月の半分程度が休日になることが、半導体工場で働くメリットの一つです。

多くの半導体工場では、24時間稼働を実現するために交代制またはシフト制を採用しています。

これにより、従業員は長期の連続勤務の後に、まとまった休日を取得が可能です。

例えば、ある半導体工場では、3日働いて3日休むといったスケジュールになります。

従って、従業員は月に約15日間の休日を得ること可能です。

従業員は仕事とプライベートのバランスを取りやすくなり、職場の満足度や生活の質が向上します。

年収が高い

半導体工場でのメリットの一つは、比較的高い年収を得られることです。

現場作業者・オペレーターの場合

交替勤務により、夜勤手当がつく

技術職やエンジニア職の場合

半導体製造には特化した技術や知識が必要であり、給与が比較的高い

半導体業界の求人情報の事例は以下です。

引用:工場求人ナビ

半導体工場での仕事は、働き方の特性や高い技術と知識を要求されることが多いため、これに見合った高い年収を得られます。

>>今すぐ半導体工場で働きたい人は、登録不要で求人が見れる工場求人ナビがおすすめ

半導体工場が向いている人の特徴

半導体工場が向いている人の特徴は以下です。

  • ものづくりに興味がある人
  • 国が力を入れている事業に関わりたい人
  • 短期間でお金を稼ぎたい人

ものづくりに興味がある人

半導体工場が向いている人の特徴の一つは、ものづくりに興味がある人です。

半導体製造は、精密な技術と高度な設備が揃っているので、ものづくりの最先端に触れられます。

単純作業の繰り返しが多くなりますが、その積み重ねによって、スキルの習得や経験を積むことが可能です。

技術的な挑戦を楽しみ、モノづくりの過程を楽しむことができる人にとって、おすすめの仕事と言えるでしょう。

国が力を入れている事業に関わりたい人

引用:総務省_我が国ICT産業の世界的な位置付けの推移

国家レベルで重要視される半導体産業に関わりたい人は、半導体工場に向いている人の特徴の一つです。

半導体産業は国家安全保障の面でも経済成長の面でも重要な産業とされており、政府は積極的にこの分野に投資しています。

例えば、アメリカ、中国、日本、EU諸国などは半導体産業を重点産業と位置づけ、研究開発や生産拡大に向けた資金援助や政策を実施中です。

かつて日本は、世界の半導体市場の50%のシェアを持っていましたが、2019年に入り10%に落ち込んでいます。

巻き返しを図るために、国家レベルでの支援が急務です。

国家プロジェクトの一員として働きたい意志を持つ人にとって、理想な業界と言えるでしょう。

短期間でお金を稼ぎたい人

半導体工場が向いている人の特徴の一つは、短期間でお金を稼ぎたい人です。

半導体業界は現在、高い需要により全国で工場の建設が続いています。

多くの人材を集める必要があるので、給料が高い求人で出会える可能性が高いです。

作業者であれば派遣社員として、スキルがなくても交替勤務になれば、短期間で高収入を得られます。

派遣社員として求人を探す場合は、工場求人ナビで求人を探してみましょう。

>>今すぐ半導体工場で働きたい人は、登録不要で求人が見れる工場求人ナビがおすすめ

半導体工場で働くためのコツは目的に合った求人を選ぶこと!

半導体工場で働くためのコツは、目的に合った求人を選ぶことです。

目的に合った求人を選ぶためには、転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

この章では、働き方合わせておすすめの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

正社員として働きたい人向け

引用:リクルートエージェント

正社員として働きたい人向けの転職エージェントは、リクルートエージェントです。

  • 条件に合った求人情報の提供
  • キャリアアドバイザーによる個別カウンセリング
  • 書類選考や面接対策のアドバイス

リクルートエージェントが提供するサービスは、求人情報の提供だけでなく、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリングや書類選考、面接対策のアドバイスなど、転職活動のステップを手助けしてくれます。

私はリクルートエージェントを通じて内定をもらった経験がありますが、はじめての転職活動でもわかりやすく、丁寧にアドバイスしてもらえました。

リクルートエージェントのサービス内容は、多種多様な求人情報の提供から始まり、個々の転職活動に対するパーソナライズされたサポートまでを含んでいます。その全てが、求職者が成功するためのパスを描くための重要な要素となります。

\転職活動の初心者におすすめ/

リクルートエージェントの無料相談に申し込む

※登録後も料金は一切かかりません

製造エンジニアを目指したい人向け

引用:JACリクルートメント

製造エンジニアを目指したい人向けの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

ACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職エージェントになります。

ハイクラスとミドルクラスの意味は以下の通りです。

ハイクラス・・・ 年収800万円以上

ミドルクラス ・・・ 30歳〜50歳

外資系企業や大手企業とのつながりが強く、約45,000件の求人を保有しています。

また、コンサルタントが直接、企業と求職者をつなぐので、お互いのニーズを細かくやりとり可能です。

30代以上で自分のスキルを活かし、年収をアップさせたい人はぜひ利用を検討してみてください。

\30代で年収800万円が狙える/

JACリクルートメントの無料相談に申し込む

※登録後も料金は一切かかりません

派遣社員として短期間で稼ぎたい人向け

引用:工場求人ナビ

工場求人ナビは、製造業・工場系に特化した転職サービスで、派遣社員として短期間で稼ぎたい人向けにおすすめです。

日総工産が運用する採用サイトで、日本全国の工場系の求人を扱っています。

派遣社員として、日総工産のスタッフとなり、企業に派遣される案件が多いです。

  • 優良派遣事業者に認定されている
  • GJマークを取得している
  • 1971年創立以来ものづくり人材サービスに貢献している

勤務地までの赴任交通費支給、すぐに生活できる寮付きの求人が多いので、工場未経験でも安心して利用できます。

まずは会員登録せずに利用できる、求人検索で希望条件の求人を探してみましょう。

\大手メーカー工場で働きたい人におすすめ/

工場求人ナビで気になる求人に申し込む(無料)

※登録後も料金は一切かかりません

半導体業界についてよくある質問

ここでは半導体業界について、よくある質問をQ&Aの形式で解説していきます。

「半導体 工場 やめとけ」と言われる理由は何ですか?

「半導体 工場 やめとけ」と言われる主な理由には、長時間労働、高い生産目標、単調な作業、交代勤務などがあります。これらの要因は従業員のストレスや職場満足度に影響を与えることがあります。

半導体の仕事は難しいですか?

選ぶ職種によって異なります。

〈作業者・オペレーターの場合〉

  • 未経験OK
  • スキルや経験なしで働ける
  • 入社後の研修でスキルが身に付く

>>派遣社員として働きたい人は、工場求人ナビがおすすめ

〈技術職・エンジニア職〉

  • 物理学、化学、工学などの専門的な知識が必要になる
  • 設計やプロセス開発では、専門的な教育や経験が必要になる

>>技術職・エンジニア職の求人を探すなら、JACリクルートエントがおすすめ

半導体工場での仕事のメリットは何ですか?

半導体工場での仕事のメリットには、比較的高い給与、先進技術への関与、専門スキルの習得、安定した需要があります。

これらは技術的な興味やキャリアの成長を望む人にとって魅力的です。

半導体工場で働くための条件や資格はありますか?

半導体工場で働くために特定の資格は必須ではありませんが、技術系の教育背景や関連する業界での経験が役立つことが多いです。

未経験者でも、多くの工場では研修が提供されるため、初心者でも始めやすい職場です。

まとめ

この記事では、半導体工場は本当にやめた方が理由と半導体工場の魅力について解説しました。

半導体工場はやめた方が良いと言われている理由は以下です。

  • クリーン服に慣れるまで辛い
  • 生産数のノルマがある
  • 単調な作業の繰り返し
  • 交代勤務がある
  • 拘束時間が長い

一方で、半導体工場で働く魅力は以下になります。

  • 空調が効いている環境で働ける
  • 慣れれば作業が楽になる
  • スキルなしでも働ける
  • 月の半分が休みになる
  • 年収が高い

「半導体 工場 やめとけ」という意見は、あくまで個人的な意見であり、半導体工場全体を否定するものではありません。

むしろ、国家レベルで支援しているので、今後ますます発展していく業界です。

ものづくりに興味がある人は、ぜひ半導体工場に挑戦してみましょう。

-工場勤務の仕事と悩み