広告 工場勤務の仕事と悩み

工場勤務の末路は悲惨?体験談をもとに将来の不安を解消する方法を解説

※内容に広告・プロモーションを含みます

工場勤務の末路は働く工場で変わる!
  • 解決できる悩み
  • 工場勤務はオワコンなの?
  • このまま工場で働き続けて良いのか不安
  • 工場勤務に勤めている人の末路を知りたい
  • この記事の信頼性

X(旧:Twitter):しん(@kigyoka_mezase)

工場に勤めていると「この先の人生は一体どうなるのだろう」と考える人は多いです。

私は工場勤務歴13年目になりますが、10年目を迎えたあたりから将来に不安を感じるようになりました。

結論からいうと、工場勤務の末路は働く工場次第です。

筆者は2度の転職により、大手メーカーと地方の中小企業で働いた経験があります。

現職は大手半導体メーカーに勤務しており、働きやすい環境によって将来への不安が無くなりました。

この記事では、工場勤務がオワコンと言われる理由と、筆者の末路について解説していきます。

最後まで読めば、工場勤務はまだまだ将来性があることが分かり、不安が解消されるきっかけとなりますので、参考にしてもらえたら幸いです。

目次

結論:工場勤務の末路は働く工場で変わる!

工場勤務の末路は、働く工場の環境によって大きく変わります。

世の中で需要がある製品の工場や業界では長期的なキャリア展望やスキルアップの機会が豊富です。

〈需要がある製造業の代表例〉

  • 自動車業界
  • 半導体業界
  • 医療機器業界

これらの業界では、高度な技術や専門性が求められるので、スキルアップの機会が多く、自身の可能性が広がります。

また、経営が安定している成長企業では、従業員への投資が積極的で、給与や福利厚生が充実している点が魅力です。

工場勤務の末路は、自身のキャリア目標やスキルに合わせて、需要のある工場を選ぶことが、明るい未来への鍵となります。

合わせて読みたい

工場勤務がオワコンと言われる理由

工場勤務がオワコンと言われる理由は以下です。

  • ライン作業の自働化
  • AIによって仕事が減る
  • 待遇が良くならない
  • 労働環境が良くない
  • 終身雇用が崩壊

ライン作業の自動化

工場勤務がオワコンと言われる理由の一つは、ライン作業の自動化が進んでいることです。

ロボットなどの導入により、従来の人手による作業が減少し、工場従業員の需要が変化しています。

自動化は労働コストを削減し、生産効率の向上が期待されます。

例えば半導体工場では、製品自体に直接触れる作業はほとんとなく、機械が全て加工します。

とはいえ、機械の操作は人が行う必要があるので、全ての作業が自動化されるわけではありません。

自動化の進展に伴い、自動化技術の操作やメンテナンなどの新たな技術を身につけた人は必ず必要なので、工場勤務はオワコンとは言い難いです。

合わせて読みたい

AIによって仕事が減る

AI(人工知能)による仕事の減少が、工場勤務がオワコンと言われる理由の一つです。

AIの発展により、従来人間が担っていた作業が機械に置き換わる作業が増えています。

例えば、以下のようなものにAIが使われています。

  • 製品のキズや汚れを画像認証で検出
  • 不具合のデータを自動化集計し出力
  • 倉庫内での商品の仕分けを自動化

世界経済フォーラム(WEF)の報告によると、2025年までに約8500万の仕事が機械に置き換わると予測されています。

しかし、3つの工場に勤めた筆者の経験から、ものづくりは、すぐに仕事をAIに取られるとは思いません。

技術者やコスト、導入工数といった課題が多いので、工場勤務がオワコンと決めつけるの早いです。

待遇が良くならない

工場勤務がオワコンと言われる理由の一つは、なかなか待遇が良くならないことです。

地方の中小企業では、

  • 長期間にわたり給料が上がらない
  • 大手に比べて福利厚生が不足している

など、工場の魅力を減少させる要因があります。

一方、大手メーカーや従業員思いの工場では、待遇が改善されており、中小企業と差が開くばかりです。

働く工場によっては、従業員の満足度が高い企業もあります。

工場勤務がオワコンと言われているのは、ブラッキ企業など、経営のことしか頭にない工場で働いている人の声なのかもしれません。

労働環境が良くないと思われがち

労働環境が良くないとことは、工場勤務がオワコンと言われる理由の一つです。

  • 3Kと言われる環境
  • 長時間労働、高い労働強度
  • 夜勤、交代勤務

これらの理由により、心身ともに負担が大きくなります。

特に労働組合がない会社では、労働時間の管理が粗末だったり、有給休暇で休めない環境が未だに存在します。

そんな環境では、工場企業はオワコンと言われてもしかたありません。

自分の立場を振り返り、現状を確認してみましょう。

合わせて読みたい

終身雇用が崩壊しつつある

工場勤務がオワコンと言われる理由の一つは、終身雇用制度の崩壊にあります。

経済のグローバル化と技術革新の影響で、多くの製造業が終身雇用モデルから離れています。

一昔前であれば、終身雇用の制度により、大手企業の正社員であれば生涯安泰とされていました。

しかし現在は、給料もなかなか上がらず、雇用が安定しない厳しい時代となりました。

企業側は雇用の柔軟性を高めており、従業員の雇用安定性やキャリアパスが不透明になっているのは事実です。

工場勤務の末路は必ずしも悲惨ではない理由

工場勤務の末路は必ずしも悲惨ではない理由は以下です。

  • 製造業は日本経済を支える業種である
  • 未経験でも働ける
  • 学歴がなくても出世できる
  • 資格や技能はどの工場でも重宝される

製造業は日本経済を支える業種である

工場勤務の末路が必ずしも悲惨でない理由は、製造業が日本経済にとって重要な業種だからです。

製造業は多くの雇用を生み出し、国の経済成長に大きく貢献しています。

日本の製造業は、国内総生産(GDP)の大きな割合を占め、輸出においても中心的な役割を担っています。

  • 自動車産業: トヨタやホンダなどの大手自動車メーカーは、国内外で多くの雇用を生み出し、日本経済に大きく貢献しています
  • 電機産業: ソニーやパナソニックなどの電機メーカーも、国内外で製品を生産し、輸出を通じて経済成長に寄与しています

製造業は日本経済を支える重要な業種であり、工場勤務の末路が必ずしも悲惨であるとは限りません。

特に大手メーカーでは、安定した雇用を提供し、良好な労働条件やキャリアアップの機会を提供しています。

未経験でも働ける

未経験でも働ける機会が多いことは、工場勤務の末路が必ずしも悲惨ではない理由の一つです。

製造業では、特定のスキルや経験が勤められる仕事が多く、新しい可能性を提供してくれます。

  • 低い入職障壁: 多くの製造業では、初心者でも理解できる単純作業が多く、これにより未経験者が業界に入るハードルが低くなっています
  • 研修制度の存在: 製造業の多くの企業では、新入社員に対する研修制度を整備しており、未経験者でも必要なスキルを身につけることが可能です

研修制度が整っている企業では、未経験者でもスキルを身につけ、キャリアを築くことが可能です。

ただし、長期的なキャリアの展望を考える場合、継続的な学習やスキルアップが重要になることは頭に入れておきましょう。

学歴がなくても出世できる

工場勤務の末路が必ずしも悲惨ではない理由の一つは、学歴がなくても出世するチャンスがあることです。

製造業では実務能力と経験が重視されるため、学歴に依存せずにキャリアアップが可能です。

  • 実務能力の重視: 多くの製造業では、実際の作業能力や貢献度が評価の基準となり、これが出世の道を開く主要因となっています
  • 経験に基づく昇進: 製造業では経験が豊富な従業員が管理職や専門職へ昇進することが一般的です

例えば、大手自動車メーカーでは、学歴よりも製造ラインでの実績やリーダーシップが昇進の重要な要素となっています。

ただし、これには積極的なスキルアップや業務に対する熱意が必要です。

また、経験を積んで社内での成果やリーダーシップを発揮することが、出世への重要なステップとなります。

合わせて読みたい

資格や技能はどの工場でも重宝される

工場勤務の末路が必ずしも悲惨でない理由の一つは、資格や特定の技能は多くの工場で需要があることです。

人口減少に伴い、特定の技能や資格を持つ労働者も減少していることが背景にあります。

  • 特定技能の需要: 製造業界では、特定の技術や資格を持つ労働者に対する需要が高く、これが安定した職を確保する要因となっています
  • 技能に対する報酬: 特定の技能や資格を持つ労働者は、一般の労働者よりも高い報酬を得ることが多いです

資格の事例は以下です。

  • 溶接技術者: 溶接資格を持つ労働者は、自動車製造や建設業界など幅広い分野で需要があります
  • CNCオペレーター: コンピュータ数値制御(CNC)の資格を持つオペレーターは、精密機械の製造などで特に重宝されます

技術革新が進む現代の製造業界では、特化した技能を持つ労働者の貴重です。

労働者は専門的な資格取得やスキルアップに努めることで、より良いキャリアパスを築けます。

【体験談】工場勤務13年目となる筆者の末路

工場勤務13年目となる筆者の末路をご紹介します。

  • 転職してどの工場でも働ける自信がついた
  • 品質管理のプロになれた
  • 仕事とプライベートのバランスがとれている

転職してどの工場でも働ける自信がついた

工場勤務13年目の筆者が経験した末路は、転職を通じてさまざまな工場で働ける自信がついたことです。

  • 豊富な経験: 医療機器、基板実装、半導体工場で勤務した経験から、業界は違えど製造業の基本的な考えは同じだと分かった
  • スキルの汎用性: 製造業の基本的なスキルセットは多くの工場で共通しており、一つの工場での経験が他の工場でも活かされます。

自分のスキルが他で通じるか不安でしたが、どの工場でも基本的にやることは同じでした。

筆者の体験から、工場勤務の末路が必ずしも限定的でないことがわかります。

これからの時代は転職が当たり前になります。

一つの会社しか経験がないことで苦労するかもしれませんので、キャリアの幅を広げていきましょう。

品質管理の専門性が高まった

工場勤務13年目の筆者が経験した末路は、品質管理の専門性が高まったことです。

13年にわたる勤務を通じて、品質管理に関する深い知識と実践的なスキルを獲得し、業界内で高い評価を得ました。

  • 専門知識の蓄積: 長年にわたる工場勤務は、製品の品質基準、プロセス改善、不良品分析などの専門知識を蓄積できた
  • 実務経験の重要性: 品質管理は実務経験が非常に重要で、日々の業務を通じて専門的なスキルを磨けた

筆者は複数の品質改善プロジェクトをリードし、不良率の低減や生産効率の向上に大きく貢献しました。

私は普段から当事者意識をもって業務に取り組み、日々経験を積み重ねたことで、品質管理だけで3つ工場に勤められました。

製造業では特定分野での専門性を深めることで、より充実したキャリアパスを構築する可能性があります。

仕事とプライベートのバランスがとれている

工場勤務13年目の筆者が経験した末路は、仕事とプライベートのバランスがとれていることです。

効率的な時間管理と職場のサポートにより、生活と仕事の両立が実現可能です。

特に大手メーカーであれば

  • 年間休日が125日以上
  • 有給休暇が20日以上推奨
  • 残業時間管理の徹底

によって、仕事とプライベートのメリハリがつけられます。

筆者の実例としては、年間休日が130日以上ありました。📝

一方、ブラック企業に転職してしまったことで、有給休暇がまったく取れない辛い経験もしています。

私が経験したブラック企業の特徴は、

  • 残業時間の管理が疎か
  • 有給休暇は社長承認
  • 現場では毎日罵声が飛び交う

など、未だにこのような企業が存在しているのが事実です。

求人の中にはこのような企業も含まれているのも事実なので、転職活動ではしっかりと求人の見極めが大切です。

工場勤務の悲惨な末路から脱出する方法

工場勤務の悲惨な末路から脱出する方法は以下です。

  • 今すぐ稼げる工場に転職する
  • 昇進して管理職を目指す
  • 自己投資を始める

今すぐ稼げる工場に転職する

工場勤務の悲惨な末路から脱出する方法の一つは、より高収入を得られる工場への転職です。

経済的な安定は従業員の満足度と生活の質に直結し、転職はそのための有効な手段となり得ます。

  • 収入の重要性: 従業員の生活の質と満足度は、収入水準に大きく依存しています
  • 転職市場の動向: 製造業の労働市場では、技術や経験がある労働者がより高い給料を提示する工場へ転職することが一般的です

特に需要が高い半導体工場であれば、今後も成長分野であり、より高い給料が期待できます。

今のうちに周りの人と差をつけるために、一歩先に転職活動を初めてみましょう。

昇進して管理職を目指す

「工場勤務の悲惨な末路から脱出する一つの方法は、積極的に昇進を目指し、管理職になること」です。

管理職への昇進は、より良い給与、職務の安定性、そしてキャリアの成長をもたらす可能性があります。

  • 給与と地位の向上: 管理職になることで、通常、給与が増加し、より高い地位が与えられます
  • キャリアの成長: 管理職は、個人のスキルや経験を活かし、より大きな影響力を持つポジションです

必ずしも転職を選ぶのではなく、今の会社で員地道な努力と経験の蓄積を通じて、製造部門のマネージャーに昇進する手段もあります。

管理職として、チームの生産性向上や労働環境の改善に貢献することで、給与アップとスキルアップの両方が得られます。

このプロセスには継続的な学習、スキルの向上、そして積極的なキャリア管理が必要なので、常に向上心をもって業務に取り組みましょう。

自己投資を始める

「工場勤務の悲惨な末路から脱出する方法の一つとして、自己投資を始めること」が効果的です。

これは、新たなスキルや知識を学び、自身の市場価値を高めることを意味します。

  • 本を読む
  • 資格を取る
  • 副業をはじめる

工場勤務の末路から脱出するための効果的な方法の一つとして、自己投資を通じたスキルアップや知識の獲得が挙げられます。

これにより、キャリアの成長、収入の向上、そして職業的な満足度の向上が期待できます。

自己投資は時間とリソースが必要ですが、長期的な視点で見れば、自身のキャリアと生活の質を大きく向上させる可能性があります。

今の工場を辞めたい人が転職で失敗しない方法

今の工場を辞めたい人が転職で失敗しない方法は以下です。

  • 働きながら転職活動をはじめる
  • 転職エージェントを利用する
  • 転職先は大手メーカーを選ぶ

働きながら転職活動をはじめる

今の工場を辞めたい人が転職で失敗しない方法の一つは、在職中に転職活動を始めることです。

職を失うリスクを最小限に抑えながら、次の職場を探せます。

  • 経済的安定性の維持: 新しい仕事が決まるまでの間、お金の心配がなくなります
  • キャリアの連続性: 履歴書・職務経歴書の経歴上で離職期間を書かなくて済みます

筆者の体験談として、

1回目は在籍中に内定獲得

2回目は退職後に内定獲得

しましたが、どちらも在籍中に転職活動を始めたので、離職期間は長くても2ヶ月で済みました。

在職中に転職活動を始めれば、生活費が維持できるので、心にゆとりが持てます。

退職してから次の仕事がなかなか決まらないと、精神的に辛いので在籍中に転職活動を始めましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することは、今の工場を辞めたい人が転職で失敗しない方法の一つです。

手取り足取りサポートしてもらえるので、時間がない会社員にとって、効率よく転職活動を進められます。

  • 専門知識とサポート: 転職エージェントは、労働市場の専門知識を持ち、個々のキャリア目標やスキルに合わせた職を提案します
  • サポートが充実している:応募書類の書き方・面接対策のサポートを無料で受けられる
  • 企業との繋がりが強い: 転職エージェントは企業と連携しており、公開されていない求人情報を紹介できます

実際に筆者も転職エージェントを利用し、結果として2度転職できています。

ただし、自分が目指す方向性や目標を明確にしないと、自分に合う求人が紹介されない場合もあるので、転職の軸も合わせて考えましょうね。

転職先は大手メーカーを選ぶ

今の工場を辞めたい人が転職で失敗しないための一つの方法は、大手メーカーを選ぶことです。

大手メーカーは、以下の特徴があります。経営基盤が安定しており、働きやすい労働条件、そしてキャリア成長の機会を提供する可能性が高いです。

  • 安定した雇用: 経営が安定しており、長期的に働ける可能性が高い
  • 良好な労働条件: 労働時間の管理、年間休日、福利厚生、高い給与により働きやすい環境が多い
  • キャリアの成長: 教育・研修が準備されており、キャリアアップの機会が増える

実際に自分が勤めていた大手医療機器メーカーと、現職の半導体メーカーでは働きやすい環境が整備されています。

はじめての転職で中小企業に転職しましたが、ハラスメントに対すり意識が低く、半年で退職しました。

ただし、大手メーカーへの転職は競争が激しいため、転職エージェントを利用して適切な準備と戦略的な転職活動しましょう。

工場勤務の転職に強いおすすめの転職エージェント

この章では、工場勤務の転職に強いおすすめの転職エージェントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 正社員として働きたい人向け:リクルートエージェント
  • 製造エンジニアを目指したい人向け:JACリクルートメント
  • 派遣社員として短期間で稼ぎたい人向け:工場求人ナビ

正社員として働きたい人向け:リクルートエージェント

引用:リクルートエージェント

正社員として働きたい人向けの転職エージェントは、リクルートエージェントです。

  • 条件に合った求人情報の提供
  • キャリアアドバイザーによる個別カウンセリング
  • 書類選考や面接対策のアドバイス

リクルートエージェントが提供するサービスは、求人情報の提供だけでなく、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリングや書類選考、面接対策のアドバイスなど、転職活動のステップを手助けしてくれます。

私はリクルートエージェントを通じて内定をもらった経験がありますが、はじめての転職活動でもわかりやすく、丁寧にアドバイスしてもらえました。

リクルートエージェントのサービス内容は、多種多様な求人情報の提供から始まり、個々の転職活動に対するパーソナライズされたサポートまでを含んでいます。その全てが、求職者が成功するためのパスを描くための重要な要素となります。

\転職活動の初心者におすすめ/

リクルートエージェントの無料相談に申し込む

※登録後も料金は一切かかりません

製造エンジニアを目指したい人向け:JACリクルートメント

引用:JACリクルートメント

製造エンジニアを目指したい人向けの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

ACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職エージェントになります。

ハイクラスとミドルクラスの意味は以下の通りです。

ハイクラス・・・ 年収800万円以上

ミドルクラス ・・・ 30歳〜50歳

外資系企業や大手企業とのつながりが強く、約45,000件の求人を保有しています。

また、コンサルタントが直接、企業と求職者をつなぐので、お互いのニーズを細かくやりとり可能です。

30代以上で自分のスキルを活かし、年収をアップさせたい人はぜひ利用を検討してみてください。

\30代で年収800万円が狙える/

JACリクルートメントの無料相談に申し込む

※登録後も料金は一切かかりません

派遣社員として短期間で稼ぎたい人向け:工場求人ナビ

引用:工場求人ナビ

工場求人ナビは、製造業・工場系に特化した転職サービスで、派遣社員として短期間で稼ぎたい人向けにおすすめです。

日総工産が運用する採用サイトで、日本全国の工場系の求人を扱っています。

派遣社員として、日総工産のスタッフとなり、企業に派遣される案件が多いです。

  • 優良派遣事業者に認定されている
  • GJマークを取得している
  • 1971年創立以来ものづくり人材サービスに貢献している

勤務地までの赴任交通費支給、すぐに生活できる寮付きの求人が多いので、工場未経験でも安心して利用できます。

まずは会員登録せずに利用できる、求人検索で希望条件の求人を探してみましょう。

\大手メーカー工場で働きたい人におすすめ/

工場求人ナビで気になる求人に申し込む(無料)

※登録後も料金は一切かかりません

まとめ:工場勤務の末路は自分の行動で決まる!

この記事では、工場勤務がオワコンと言われる理由と、筆者の末路について解説しました。

工場勤務の末路は、働く工場次第で変わるので、これからの自分の行動次第で変えられます。

工場勤務がオワコンと言われている理由をおさらいします。

一方で、工場勤務の末路が必ずしも悲惨でない理由は以下です。

将来性がある工場で働くための方法を以下を参考にしてください。

工場勤務の末路が気になるのは、今の工場に不満を持っているケースが多いです。

働きやすい環境で働けば、将来への不安が解消されますので、一緒に行動していきましょう。

工場勤務の末路についてよくある質問

工場勤務の末路についてよくある質問を、Q&A形式で解説します。

Q1: 工場勤務が「オワコン」と言われる理由は何ですか?

場勤務が「オワコン」と言われる理由は何ですか?

工場勤務が「オワコン」とされる主な理由は、技術革新による自動化とAI導入です。

これにより、従来の手作業や単純作業が減少し、それに伴い一部の仕事が無くなっています。

また、終身雇用制度の崩壊や労働環境の問題も、工場勤務の魅力を減少させる要因となっています。

Q2: 工場勤務でキャリアアップは可能ですか?

工場勤務でキャリアアップは可能ですか?

はい、可能です。特に大手メーカーや技術革新を積極的に取り入れている工場では、キャリアアップの機会があります。

スキルアップや資格取得により、昇進や管理職を目指せます。

また未経験からでも始められる職が多いため、経験を積むことでキャリアの幅を広げることが可能です。

Q3: 工場を辞めたい場合、転職はどのように進めるべきですか?

工場を辞めたい場合、転職はどのように進めるべきですか?

工場を辞めて転職を考える場合、以下のステップが効果的です。

  • 在職中の転職活動: 現職を続けながら転職先を探すことで、経済的な安定性を保ちながら次の職場を探せます
  • 転職エージェントの活用: 専門知識を持つエージェントを利用することで、自分に合った職を見つけやすくなります
  • 自己投資によるスキルアップ: 新しい技術やスキルを学び、市場価値を高めることが重要です

-工場勤務の仕事と悩み