広告 工場勤務の仕事と悩み

工場勤務はどこも同じ?あほらしいと感じる理由と対処法を解説

※内容に広告・プロモーションを含みます

工場勤務があほらしいと感じる理由と対処法を解説!
  • 解決できる悩み
  • 工場勤務は無駄なルールが多いの?
  • どこの工場でもストレスは溜まる?
  • 工場勤務があほらしいと感じる
  • この記事の信頼性
X(旧:Twitter):しん(@kigyoka_mezase)

工場勤務が「あほらしい」と感じるのは、決してあなただけではありません。

工場で働く多くの人は、単調な作業や職場の人間関係など、さまざまな問題を抱えています。

しかし、工場勤務があほらしいと感じるのは今の環境だけかもしれません。

2度の転職で3つの工場に勤めた筆者の経験から、実際に工場勤務があほらしいと感じたことがあります。

この記事では、工場勤務があほらしいと感じる理由と対処法を解説します。

筆者が実際に行動して効果を感じた対処法となっているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

結論:工場勤務が「あほらしい」と感じるのは今の環境だけかもしれない

工場勤務が「あほらしい」と感じるのは、今の環境に満足していないケースがほとんどです。

その理由は職場環境、仕事内容、報酬、人間関係などが考えられます。

  • 職場環境: 工場勤務は、繰り返しの単純作業、長時間労働、厳しい品質管理など、精神的・身体的に要求が高いことが多いです。
  • 仕事の満足度: 多くの研究によると、仕事の自律性や創造性が低い職場では、職員の仕事満足度も低くなります。
  • 報酬: 労働者の収入と生活の質に関する統計によると、製造業は他の職業に比べて平均的な収入が低い傾向にあります。
  • 人間関係: 職場の人間関係は、仕事のストレスや職場満足度に大きく影響します。

私の転職経験から、働く工場によって「あほらしい」と感じる度合いが違います。

特に差を感じたのが、

  • 無駄なルールの多さ
  • 柔軟な働き方
  • 人間関係

この三つです。

今の会社で改善できる余地がなければ、今すぐ新しい環境で働いた方が毎日の幸福度が高まりますよ。

合わせて読みたい

工場勤務があほらしいと感じる理由5選

工場勤務があほらしいと感じる理由5選は以下です。

  • 上司や同僚と価値観が合わない
  • 単純作業の繰り返し
  • 無駄なルールが多い
  • 頭のおかしい人が多い
  • 給料に差がつきにく

上司や同僚と価値観が合わない

工場勤務があほらしいと感じる理由の一つは、上司や同僚との価値観が合わないことです。

価値観の合わない環境では、仕事に対するモチベーションや充実感が低下します。

あなたの上司や同僚にこんな人はいませんか?

  • 口だけで、自ら行動しない
  • 正論ばかり語る
  • 部下に仕事を教える気がない上司

このような上司や同僚がいると、真面目に仕事しているのが、あほらしくなりますよね。

単純作業の繰り返し

単純作業の繰り返しが多いことが、工場勤務があほらしいと感じる理由の一つです。

単調で反復的な作業は、やる気の低下や職場離職のリスクを高めます。

  • 一つの工程を担当するライン作業
  • 製品を箱に詰める梱包作業

など、単純作業の繰り返しになる場合が多いです。

ただ作業するのではなく、

「どうしたらミスを防げるだろう」

「どうしたら効率よく作業できるだろう」

と考えながら仕事をすれば、やりがいを見つけられますよ。

無駄なルールが多い

工場勤務があほらしいと感じる理由の一つは、無駄なルールが多いことです。

無駄なルールが多い職場環境は、従業員のストレスを増加させます。

例えば、

  • 無駄な会議
  • 昔からやり方が変わらないルール
  • 会社ごとにある暗黙のルール

など、多くの無駄が存在します。

経営側が率先して改善しようとしない環境では、自分が努力しても変わらないケースがほとんどです。

時代に合わせた柔軟で効率的な職場を見つければ、仕事の満足度と生産性を高められます。

頭のおかしい人が多い

頭のおかしい人が多いことは、工場勤務があほらしいと感じる理由の一つです。

学歴に関係なく、未経験から始められる仕事が多いので、さまざまな背景を持った人がいます

  • 怒号や罵声を浴びせるパワハラ上司
  • 思い通りに動かない部下を無視する上司
  • 自分が忙しいとキレる

など、これはほんの一部の事例です。

特に人間関係やコミュニケーションの問題によって、あほらしいと感じる場面が多いですよね。

  • 仕事だと思って割り切る
  • 自分の仕事に集中する
  • 頭ごなしに否定しない

このように対処していきましょう。

合わせて読みたい

給料に差がつきにく

工場勤務があほらしいと感じる理由の一つは、給料に差がつきにくいことです。

製造業は、個人の努力や成果が給与に反映されにくいケースがあります。

大手メーカーでは、半期ごとに個人目標を作成し、実績によって評価されます。

一方、中小企業では未だに年功序列が採用されている企業が少なくありません。

また、管理職になっても手当が少なく、残業代がつく部下の方が給料をもらっているケースも見かけます。

このような環境では、やる気がなくなるのは当然ですよね。

合わせて読みたい

工場勤務があほらしいと感じたときにやるべき行動

工場勤務があほらしいと感じたときにやるべき行動は以下です。

  • 自らの意識・行動を変えてみる
  • 今の会社で改善できる方法を考える
  • 転職活動を始めてみる

自らの意識・行動を変えてみる

工場勤務があほらしいと感じたときにやるべき行動の一つは、自らの意識・行動を変えてみることです。

  • 意識・態度の変化: ポジティブに思考に変えて、すぐ行動すればストレスの軽減や仕事の効率化に繋がります
  • 自己効力感の増加: 自己効力感(自分の行動が結果に影響を及ぼすという信念)を高めることは、職場での挑戦や新たな取り組みに対する意欲を高めます
  • 適応能力の向上: 言われたことしかやらないと考えるのではなく、柔軟に対応することで視野が広がりあらゆる状況に対応できます

特に重要なマインドは以下になります。

  • 他人と比較しない
  • 受け身ではなく提案型の姿勢で取り組む
  • 簡単な仕事を後回しにしない

このような自己変革は、職場の満足度を高め、成長するための重要なステップとなります。

今の会社で改善できる方法を考える

今の会社で改善できる方法を考えることは、工場勤務があほらしいと感じたときにやるべき行動の一つです。

今の仕事環境を最大限に活かし、今日から提案できる方法になります。

  • 生産ラインの効率化を提案する
  • コミュニケーションの場を提案する

職場の問題を自分で認識し、積極的に改善策を提案することで、工場勤務の満足度を高められますよ。

転職活動を始めてみる

工場勤務があほらしいと感じたときにやるべき行動の一つは、転職活動を始めてみることです。

転職活動を始めるメリットは以下です。

  • 今よりも休みが多い職場が見つかる
  • 新たなスキル習得やキャリアアップできる企業が見つかる
  • 同じ仕事でも給料が高い企業が見つかる

自分が思っている以上に、魅力的な企業がたくさんあります。

満足できる職場に出会えるチャンスを逃さないように、行動していきましょうね。

【体験談】工場勤務があほらしいと感じた筆者がとった行動

工場勤務があほらしいと感じた筆者が、実際にとった行動を紹介します。

  • 運動を習慣化した
  • 自己投資を始めた
  • 転職活動を始めた

運動を習慣化した

工場勤務があほらしいと感じた筆者がとった行動は、運動を習慣化したことです。

一見関係ないように見えますが、精神的に前向きになる効果がありました。

「運動したいけど時間がない」

「運動は何すれば良いの?」

という方は、朝活がおすすめです。

はじめはランニングから始めましたが、今ではジムで筋トレするまでレベルアップしています。

効果として、ポジティブシンキングが身につき、仕事への集中力が向上しました。

習慣化までが大変ですが、毎日充実した日々を送れますので、ぜひ挑戦して見てくださいね。

自己投資を始めた

工場勤務があほらしいと感じた筆者がとった行動は、自己投資を始めたことです。

万が一会社をリストラされた場合でも働けるように、自己投資をはじめました。

主な取り組みは以下です。

  • 本を読む
  • 副業をはじめる
  • 英会話を始める

新しいスキルや知識の習得は、自己肯定感を高め、すべてのことに前向きになれます。

どんな状況になっても働けるように、未来の自分に投資していきましょうね。

転職活動を始めた

工場勤務があほらしいと感じた筆者がとった行動は、転職活動を始めたことです。

新卒で入社して同じ会社に10年勤めましたが、会社の方針に振り回さられる日々に嫌気がさしていました。

「このまま会社の言いなりになりたくない」

「自分の力を試したい」

との思いが強くなり、転勤を機に転職活動を始めました。

10年と長年勤めた会社を辞めるときは、「生きていけるのか?」と正直不安でした。

しかし、いざ退職してみるとなんとかなるものです。

あのまま一つの会社に縛られていたら、会社の方針に振りまわされていたのに違いありません。

転職には向き不向きがありますが、長い目でみて将来どうなりたいのか考え、転職活動をはじめるきっかけにしてもらえば幸いです。

合わせて読みたい

転職活動を始めるときの注意点

転職活動を始めるときの注意点は以下です。

  • 今の工場を辞めたい理由をはっきりさせる
  • 働きながら転職活動を始める
  • 家計を見直しておく

今の工場を辞めたい理由をはっきりさせる

転職活動を始める際の重要な注意点の一つは、今の工場を辞めたい理由をはっきりさせる必要があります。

理由は、辞めたい理由がわからないまま勢いで転職しても、次の職場で同じ問題に直面する可能性があるからです。

例えば、

  • 今とは違う業界で働きたい
  • 残業が少ない会社へ行きたい
  • 同じ仕事で給料を上げたい

など、転職の目的によって、選ぶ企業が変わります。

転職の軸を持つことでブレずに突き進めるので、まずは辞めたい理由をはっきりさせましょう。

合わせて読みたい

働きながら転職活動を始める

働きながら転職活動を始めることは、転職活動を始める際の重要な注意点の一つです。

次の職場が決まっていると、安心して退職できます。

なかなか内定が決まらないと、精神的にキツくなるので注意が必要です。

私の2回目の転職では、在籍中に転職活動を始めたものの、次の職場が決まらない状態で退職しました。

理由はブラック企業で精神的に辛かったからです。

次の職場が決まっている安心できるので、今から転職活動をはじめましょうね。

合わせて読みたい

家計を見直しておく

転職活動を始める際の重要な注意点は、家計を見直しておくことです。

企業により給料支払いが違うので、最初の給料が翌月末になるケースもあります。

また、転職して1年目はボーナスが満額もらえない場合が多いです。

当てにしているのと、住宅ローンや支払いができない場合もあるので、事前に家計を把握しておけば安心ですよ。

合わせて読みたい

まとめ:行動を起こさなければ現状は変わらない

この記事では、工場勤務があほらしいと感じる理由と対処法を解説しました。

工場勤務が「あほらしい」と感じる理由は様々です。

工場勤務があほらしいと感じる理由をおさらいします。

  • 上司や同僚と価値観が合わない
  • 単純作業の繰り返し
  • 無駄なルールが多い
  • 頭のおかしい人が多い
  • 給料に差がつきにく

実際に筆者が効果を得られた対処法は以下です。

  • 運動を習慣化した
  • 自己投資を始めた
  • 転職活動を始めた

工場勤務が「あほらしい」と感じるのは今の工場だけの可能性が高いです。

自分が何に不満を感じているのかはっきりさせて、自分に合った対処法で充実した日々を過ごせるように行動しておきましょう。

Q&A:「工場勤務 あほらしい」でよくある質問

「工場勤務 あほらしい」でよくある質問をQ&A形式で解説していきます。

Q1: 工場勤務が「あほらしい」と感じるのは、どんな理由が多いですか?

工場勤務が「あほらしい」と感じるのは、どんな理由が多いですか?

工場勤務が「あほらしい」と感じる主な理由は以下です。

  • 上司や同僚と価値観が合わない
  • 単純作業の繰り返し
  • 無駄なルールが多い
  • 頭のおかしい人が多い
  • 給料に差がつきにく

これらは従業員のモチベーション低下や職場満足度の減少につながります。

Q2: 工場勤務からの転職を考える際、最初に何をすべきですか?

工場勤務からの転職を考える際、最初に何をすべきですか?

最初にすべきことは、現在の職場を辞めたい具体的な理由を明確にすることです。

これには、職場の環境、仕事内容、報酬、人間関係など、不満の根本原因を特定することが含まれます。

次に、経済的な準備を整え、必要なスキルや資格の向上に向けた自己投資を検討します。

Q3: 転職活動中に経済的な安定を保つためのアドバイスはありますか?

転職活動中に経済的な安定を保つためのアドバイスはありますか?

転職活動中の経済的安定を保つためには、まず在職中に転職活動を始めることが重要です。

これにより、収入が途切れることなく職探しができます。

また、転職前に家計を見直し、必要に応じて節約策を講じることも有効です。

予期せぬ支出に備えるために、貯蓄を増やすことも考慮してください。

-工場勤務の仕事と悩み